コンテンツ
ヘッダ

すずよMagic〜自由を求めて日々挑戦〜

ヘア・メイク・着付のプロフェッショナル
【記念日スタイリスト®】
写真撮影ディレクションなどの知識や多方面からの視点をもつ
「記念日の専門家」
プライベートでは小6女子と小4男子の母。
神社めぐりと猫が好き

ボディ
メインコンテンツ

カレンダー

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事

タイトル
タイトル
介護用品で必要なもの
記事本文

本日(3/12)夫が退院となりました。

8/5の軽い脳梗塞の入院から数えて7ヶ月と1週間。長い入院生活を終えて、これからは自宅での生活が始まります。


8/11の夜に脳内出血を起こし(左右被殻出血)で右半身麻痺になりましたが、現在は4点の杖で歩行できるまで回復しました。

リハビリ病棟に転院してからは、お医者様や看護師さん、理学療法士さん、作業療法士さん、言語聴覚士さんのおかげで、みるみる回復しており病棟スタッフさんたちも驚いているそうです。


夫の友人が車で迎えに来てくれたので、お願いして谷津保険病院に寄ってもらいました。

ちょうどお世話になった先生もいらしてお話できたり、リハビリ担当のスタッフさん達にも会えました。


一番お世話になった看護師さんが見当たらなくて、会えないかな〜と思ってたら…

車に乗る直前に、お昼休憩から戻ってきた看護師さんとバッタリ!会えてよかった〜(^^)病棟から外来に移動になったそうで、タイミング良く会えてラッキーでした。


そして、軽い昼食を取ってから帰宅。


2月にソーシャルワーカーさん、理学療法士さん、作業療法士さん達と一緒に夫が一時帰宅しまして、自宅で使う福祉用具の確認をしました。

お風呂のスノコ、入浴台、バスボード、トイレの手すりや嵩上げ便座、介護ベッドが必要という話になり、後日スノコのサイズを測りに群馬からメーカーさんが来たのには驚きました。


ちょうどその前に友人が使わなくなったお風呂用介護椅子や滑り止めマットを譲ってくれた事もあり、なるべくそれを使う方向で話をしましたが、病院のスタッフや福祉用具の会社の方は「安全」を第一基準とするためなかなか意見が合わず…(笑)


介護保険は基本的にお年寄りの介護を前提としているので、とにかく危なくないように安全な状態で使えるかどうかを考えています。

お風呂なども基本は「見守り」の状態で1人で入浴出来るように、入浴台やバスボードなど段差をなくした状態になるようなアイテムを使います。


…なんですが。

過去に脳梗塞の母と生活してた私からすると、「意外と出来るじゃん」ということが多く、至れり尽くせりの介護用品があるよりは多少不便なくらいの方がリハビリになっていいんじゃない?という鬼嫁的発想もあり、まずは介護ベッドは使わず、家に今あるものを活用する事にしました。

夏に夫が入院したのを機にマットがヘタってた13年もののダブルベッドを処分し、シングルベッドを買いました。

ところが、安いから…で飛びついたらなんと二段ベッドの上部分でして(^◇^;)左右に柵が付いてたんですね〜。


まぁ「私はまたげるからいいか」と思って買ったんですが、よくよく考えたらそれを退院してきた夫に使わせるのには少々無理があり…かといって介護ベッドを入れたらこのベッドは部屋に置けないし、処分するのはまだ勿体無いし…と思って、柵を一部切ってみました(^^)


頭の方の隙間がある部分が不安定なので、切った柵を調節してみたら…

ピッタリ(*≧∀≦*)

うーん♡私って天才!って1人で夜中にもりあがってました(笑)


そして翌日にホームセンターで固定用の金具を買って取り付けたのがこちら

体重をかけてもビクともしません(笑)

今日、福祉用具会社の方に見せたら「まさかここまでやるとは思いませんでした」と驚かれて(^^;)


実際、退院した夫に使ってみてもらったらバッチリ!という意見だったので、これで介護ベッドは無しで大丈夫そう。


結局、福祉用具はトイレの手すりとかさ上げ便座だけ手配しました。

お風呂はまたちょっと工夫してみます。



記事続き
前後の記事
<< 愛しさと切なさと…(4) | TOP | 在宅で事務代行のお仕事をしてみたい方いませんか? >>

Comment

URL(U)
Comment(C)
Cookie
コメント送信

Trackback

フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.